会社設立の相談は司法書士へ

会社設立をする際は、会社登記(商業登記)の専門家である司法書士にご相談ください。会社の登記をするには、会社法および商業登記法についての専門知識が必要です。この2つの法律が試験科目となっている国家資格は司法書士のみです。

司法書士以外に会社設立を依頼したときでも、登記申請については司法書士がおこなっているはずなので、税理士や行政書士に払う費用と2重に払うことになっていまいます(もしも、司法書士が登記をおこなっていないとすれば、本人申請を装って行政書士等が登記申請をおこなっている可能性があります)。

また、司法書士以外の、会社法についての正確な知識を持たない専門家に会社設立を依頼した場合、定款の内容や機関設計などに問題があることで、後になって余計な手続きが必要になることもあります。会社設立だけでなく、その後の企業法務についての相談が可能なのも司法書士だからです。

会社は設立することが目的ではなく、起業をするための準備の1つに過ぎません。大切なのは会社設立が済んだ後の経営をいかにうまくおこなっていくかです。安く会社設立をすることだけを売りにしているような専門家に依頼するのではなく、信頼できる司法書士に相談することをお勧めします。

どんな会社を設立するか(設立できる会社の種類)

会社の種類としてすぐに思いつくのは、株式会社、有限会社の2つでしょうか。また、2006年5月1日施行の会社法により新たにできたのが合同会社です。この他に、合名会社、合資会社という会社形態も存在しますが数は少なく、新たに設立されることもあまりないでしょう。

そこで、これから新たに会社設立をするのであれば、株式会社と合同会社のどちらかを選ぶのが通常です。有限会社については、会社法が施行されるときに有限会社法が廃止されたため、新たに設立することはできなくなっています。

なお、会社法の施行時に存在していた有限会社についても、自動的に株式会社に変わっているのですが、特例として今後も商号に有限会社の文字を使用するものとされています。通常の株式会社に移行したいのであれば、「特例有限会社の商号変更による株式会社設立登記」および「特例有限会社の商号変更による解散登記」をすることにより簡単な手続きで株式会社に変更することができます。

合同会社は公証人による定款認証が不要で、かつ、登録免許税が最低6万円で設立できるので、株式会社に比べて会社設立費用を大幅に抑えることができます。合同会社の大きな特徴は、株式会社に比べて会社の機関設計の自由度が高いことです。

しかし、会社設立をする際に、1人で出資し自らが代表に就任するような場合については、株式会社と合同会社のどちらを選んでも会社運営において問題が生じることはないでしょう。結局、一般的な会社形態である株式会社を選ぶのが無難だとはいえますが、法人格さえ得られれば株式会社でも合同会社でも拘らないというようなときには、設立費用が安く済む合同会社も選択肢となります。

松戸で会社設立をするなら

株式会社は法務局へ設立登記の申請をすることにより成立します。登記申請をする法務局は千葉県内に設立する会社であればすべて千葉地方法務局(千葉市)です。

かつては、松戸市と流山市に設立する会社については、松戸駅の近くにある千葉地方法務局松戸支局が登記手続きを取り扱っていました。しかし、現在では松戸の法務局では会社の登記(商業登記)を取り扱わなくなっており、千葉県内の商業登記はすべて千葉地方法務局本局に申請することとなっているのです。

ただし、登記事項証明書(履歴事項全部証明書)や印鑑証明書については松戸支局でも取り扱っているので、会社設立登記が完了した後に登記事項証明書などが必要になったときは、わざわざ千葉市まで行かなくても、松戸の法務局で事足ります。

株式会社が成立するのは法務局へ登記申請をしたときです。そのため、紙の登記申請書により会社設立登記をするのであれば、法務局で登記申請書やその他の必要書類を持参するのが通常です。郵送で登記申請をした場合には、望んだ日に会社設立ができるか不安があるからです。希望日に配達されるように発送したとして、絶対にその日に届くとは限らないからです。

そうだとすれば、松戸に会社を設立するのであっても、会社設立希望日に千葉市にある千葉地方法務局へ出向く必要があることになります。ただ登記申請書を提出するためだけに、わざわざ松戸市から千葉市まで出掛けていくのは時間の無駄です。

オンラインによる会社設立登記

会社設立登記は、紙の申請書を持参(または郵送)する他に、司法書士事務所のパソコンを利用してオンラインでの申請をすることも可能です。この場合、事務所内からオンライン申請をした時点で会社設立がおこなえます。印鑑証明書やその他の必要書類は別途郵送すれば良いので、千葉市にある法務局まで行く必要はありません。

司法書士事務所のすべてがオンライン申請に対応しているわけではありません。オンライン申請をするには、申請用のソフトウェアを導入し、電子署名がおこなえる環境も整える必要があります。会社設立などの商業登記のオンライン申請について、自信を持って対応しているといえる司法書士事務所は、松戸市内でもそれほど多くないかもしれません。

松戸で会社設立を司法書士に頼むなら、オンライン申請に完全対応している先進的な司法書士事務所を選ぶのが良いでしょう。会社設立については、希望日に間違いなく設立できるよう、千葉市にある千葉地方法務局へ行くようにしているという事務所もあるかもしれませんが、そこまで心配する必要はありません。

万全を期するならば、会社設立のオンライン申請は必ず設立日の朝一番で行うようにしておきます。仮に、インターネットに障害があったり、法務局の申請システムに問題が生じたりと、何らかのトラブルに見舞われたために、オンライン申請がおこなえないという自体が発生したときには、それから千葉市まで向かえば住みます。松戸から千葉であれば1時間程度で着きますから、午前中のうちに対応をおこなえば全く問題がないわけです。

もっとも、オンライン申請が導入されて以来、システム障害のために登記申請が終日おこなえなかったということは無かったはずですから、過剰に心配する必要はありません。結局は、松戸で会社設立をするならば、松戸にあるオンライン申請対応の司法書士事務所に依頼するのをお勧めします。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2016年6月16日 |

カテゴリー:登記

このページの先頭へ