債務整理・任意整理の費用について

債務整理(任意整理)の費用は、依頼する司法書士や弁護士事務所によって異なりますが、多くの事務所ではホームページ等で費用の詳細を公開していますから、債務整理の相談をする前に比較することが可能です。

司法書士・弁護士事務所によっては、基本報酬や着手金といった定額の報酬の他に、成功報酬や減額報酬などがかかる場合もあるので要注意です。

司法書士・弁護士の任意整理基本報酬(着手金)の相場

任意整理基本報酬(着手金)の相場は31,500円から42,000円程度だと思われます。債務整理業務は、司法書士・弁護士が自分で行わなければならない部分が多いため、業務の合理化には限界があります。

したがって、これより安い司法書士・弁護士報酬にするのは、事務員を雇わず自分一人で全ての作業をしているようなケースでなければ難しいかもしれません。

もしくは、債務整理以外の売上げで十分に事務所経費がまかなえているので、債務整理業務はボランティア的に行っているという事務所も中にはあるのかもしれませんが。

減額報酬・成功報酬について

司法書士・弁護士事務所によっては、上記の基本報酬(着手金)の他に、減額報酬・成功報酬などがかかることがあります。

たとえば、『成功報酬が減額分の10%』となっているような場合です。これだと100万円の借入れ元本が任意整理により50万円に減額されたとすれば、5万円が成功報酬となります。

したがって、基本報酬(着手金)が3万円だとすれば、1社の任意整理だけで、合計8万円の司法書士・弁護士報酬がかかることになります。

なお、このような高額な報酬を支払ったからと言って、成功報酬を取らない事務所より、良い結果が得られることは原則としてありません。

100万円が50万円に減額されるのは、司法書士(弁護士)が交渉したからではなく、利息制限法に定められた正しい利息で再計算したからです。

かつては、この利息制限法による再計算を認めない債権者(とくに中小の消費者金融)も多くありました。

そこで、司法書士(弁護士)が、債権者と交渉することで減額を認めさせる必要も生じましたから、その対価としての減額報酬にも理由がありました。

しかし、現在では、最高裁の判例により、利息制限法の制限利率を超える貸付は一切認められていませんから、再計算により100万円が50万円になったとすれば、それに従わない債権者はありません。

よって、現在では、減額報酬を請求することの意味は失われていると考えます。

繰り返しますが、成功報酬(減額報酬)がかかる事務所の方が、大幅な減額を得られるわけでは無いと考えるべきです。

司法書士・弁護士報酬はどう決めるのか?

ときどき受ける質問に、「司法書士費用が他より安いようだけれども、何が違うのか?」というのがあります。

上記の減額報酬の話とも関連しますが、司法書士費用が安い事務所より、高いところに頼んだ方が、良い結果が得られるかもしれないとの疑問が生じるのも当然なことです。

結論からいえば、料金の高い安いと、仕事の良し悪しには、基本的に関係はありません。

債務整理の司法書士・弁護士報酬は、各事務所が独自に決定するものです。第三者が評価して決めるならば、料金と能力に相関関係があるはずですが、自分で決めるわけですから関連性はありません。

通常は、事務所家賃や人件費、その他の事務所経営にかかるコストにより、適切だと思われる報酬額を定めることになるでしょう。よって、都心の一等地に広いオフィスを構えているような司法書士・弁護士事務所は、どうしても割高になる可能性はあります。

また、現在では、依頼する前にホームページ等により、多くの司法書士・弁護士事務所の報酬を比較することが可能ですから、価格設定をする側としても他の事務所の動向は無視できません。

そうして適正な報酬の相場が形成されると考えられますので、その報酬相場から大きく外れている事務所には何か特別な事情があるのかもしれません。

結局、任意整理の司法書士・弁護士報酬は、基本報酬が税込み31500円から42000円程度で、それ以外の減額報酬・成功報酬等はかからないのが適正な相場だと考えます。

タグ

2012年10月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:任意整理

任意整理後の司法書士との委任関係

司法書士に任意整理を依頼した場合、司法書士がご依頼者(債務者)の代理人として、債権者との連絡や交渉にあたります。

たとえば、任意整理の和解交渉でも、話し合いや交渉をするのは債権者と代理人司法書士であり、債務者ご本人が債権者と話をすることはありません。

さらに、任意整理による和解が成立し、和解契約書を作成する際も、司法書士が債務者代理人として署名(記名)押印をするのが通常です。

任意整理の手続としては、和解契約書を作成した時点で一応の終了を迎えます。そして、その後は和解内容に従って返済をしていくことになります。

この、債務返済のための振込を司法書士が代行するのか、それとも、債務者ご本人が行うのかは依頼する事務所によって異なります。

委任事務の終了時期について

さらに、注意すべきなのは、司法書士との委任関係がいつ終了するかです。

つまり、債務返済が完了するまで司法書士との委任関係が継続するのか、もしくは、和解が成立し和解契約書をご依頼者に引き渡した時点で委任関係を終了させるのかということです。

司法書士との委任関係が終了した後は、債権者とのやりとりは全てご依頼者(債務者)ご本人が行うこととなります。

たとえば、返済が遅れた場合の連絡(督促)は、債権者から来ることとなりますし、他にも振込先の変更などの事務的な連絡も全て直接行われます。

債務整理することをご家族が知っている方や、一人暮らしの方なら問題ないかも知れませんが、内緒で債務整理したい場合は困ってしまいます。

これに対して、任意整理後の債務返済が完了するまで、司法書士との委任契約が継続する、つまり司法書士が債務者代理人でありつづけるならば、全ての連絡は司法書士を通じて行われることになります。

本来であれば、債務返済が完了するまで、司法書士とご依頼者との委任関係は継続させるのが、債務者(ご依頼者)にとって望ましいことです。

しかし、業務の効率性を高めるため、和解交渉が完了する、つまり和解契約書をご依頼者に渡した時点で、司法書士が代理人を辞任する事務所もあるようです。

この違いは非常に大きなことですので、任意整理の依頼をする前に司法書士に確認した方が良いでしょう。

タグ

2012年10月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:任意整理

債務整理で代理人が辞任するとき

司法書士が債務整理の手続を行っている最中に、やむを得ない理由により、ご依頼者の代理人を辞任して処理を中止することがあります。

最も多いのは、手続の途中でご依頼者との連絡が取れなくなった場合です。この原因としては、債務整理の司法書士報酬の支払いや、任意整理による債権者への返済が予定どおり出来なくなったために、司法書士との連絡を絶ってしまうケースが多いと思われます。

債権者への返済開始前の場合(任意整理)

司法書士に債務整理をご依頼いただいてから、任意整理による債権者への返済がはじまるまでには通常3,4ヶ月かかります。

債務整理(任意整理)の司法書士報酬については、債務整理のご依頼をいただいた後に分割でお支払いいただくことが多いです。たとえば、次の給料が出たときから3回払いとか、5回払いなどのように定めます。

司法書士へ債務整理の依頼をした時点で、それまでの債権者への支払はストップしますし、そもそも支払えるはずの金額での分割を設定しているのですから、通常であれば支払えないことは無いはずなのです。

しかし、予定どおりに給料が支給されなかったりしたことで、最初に決めたとおりの支払が出来ないこともあるでしょう。そういうときでも、司法書士に事実を話せば必ず相談に乗ってくれるはずです。

それにもかかわらず、何度電話をしても、手紙を送っても、連絡が取れなくなってしまったら、司法書士としては代理人を辞任するしかありません。

そうなれば、債権者からの督促が直接来るようになりますし、一旦、債務整理を開始した時点で一括請求の対象となっていますから、司法書士に債務整理を頼む前より状況は悪化してしまう恐れもあります。

債権者への返済中の場合

任意整理による分割弁済は3年から最大5年程度の長期間に渡ることが多いです。この間には事情により当初の予定どおりの返済ができなくなることもあるでしょう。

その場合、支払いが出来なくなる前に司法書士にご連絡をくださるのが一番良い方法です。お金がなくて支払えないというのに、怒ったり無理矢理支払えと言うようなことはありません。

支払い不能な期間が長期に渡るようであれば、任意整理をあきらめて自己破産や民事再生の申立をすることもありますし、ベストな解決策を司法書士と一緒に考えるべきです。

しかしながら、支払いが遅れていることを債権者からの連絡で知ることもあります。その場合、司法書士からご依頼者に連絡を差し上げるのですが、どうしても連絡が取れなくなってしまうことがあります。

その場合は、やむを得ず代理人を辞任することとなってしまいます。そうなれば、債権者から一括返済の請求が直接来ることとなりますし、その後の債権者との対応をご自身で行わなければなりません。

司法書士との連絡を絶っても良いことは決してありません。一旦、債務整理の手続を司法書士に依頼したら、全ての債務が無くなるまで司法書士は責任をもって相談に乗ってくれるはずです。

タグ

2012年10月26日 | コメント/トラックバック(0) |

カテゴリー:任意整理

このページの先頭へ