任意整理後の司法書士との委任関係

司法書士に任意整理を依頼した場合、司法書士がご依頼者(債務者)の代理人として、債権者との連絡や交渉にあたります。

たとえば、任意整理の和解交渉でも、話し合いや交渉をするのは債権者と代理人司法書士であり、債務者ご本人が債権者と話をすることはありません。

さらに、任意整理による和解が成立し、和解契約書を作成する際も、司法書士が債務者代理人として署名(記名)押印をするのが通常です。

任意整理の手続としては、和解契約書を作成した時点で一応の終了を迎えます。そして、その後は和解内容に従って返済をしていくことになります。

この、債務返済のための振込を司法書士が代行するのか、それとも、債務者ご本人が行うのかは依頼する事務所によって異なります。

委任事務の終了時期について

さらに、注意すべきなのは、司法書士との委任関係がいつ終了するかです。

つまり、債務返済が完了するまで司法書士との委任関係が継続するのか、もしくは、和解が成立し和解契約書をご依頼者に引き渡した時点で委任関係を終了させるのかということです。

司法書士との委任関係が終了した後は、債権者とのやりとりは全てご依頼者(債務者)ご本人が行うこととなります。

たとえば、返済が遅れた場合の連絡(督促)は、債権者から来ることとなりますし、他にも振込先の変更などの事務的な連絡も全て直接行われます。

債務整理することをご家族が知っている方や、一人暮らしの方なら問題ないかも知れませんが、内緒で債務整理したい場合は困ってしまいます。

これに対して、任意整理後の債務返済が完了するまで、司法書士との委任契約が継続する、つまり司法書士が債務者代理人でありつづけるならば、全ての連絡は司法書士を通じて行われることになります。

本来であれば、債務返済が完了するまで、司法書士とご依頼者との委任関係は継続させるのが、債務者(ご依頼者)にとって望ましいことです。

しかし、業務の効率性を高めるため、和解交渉が完了する、つまり和解契約書をご依頼者に渡した時点で、司法書士が代理人を辞任する事務所もあるようです。

この違いは非常に大きなことですので、任意整理の依頼をする前に司法書士に確認した方が良いでしょう。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月26日 |

カテゴリー:任意整理

このページの先頭へ