債務整理で代理人が辞任するとき

司法書士が債務整理の手続を行っている最中に、やむを得ない理由により、ご依頼者の代理人を辞任して処理を中止することがあります。

最も多いのは、手続の途中でご依頼者との連絡が取れなくなった場合です。この原因としては、債務整理の司法書士報酬の支払いや、任意整理による債権者への返済が予定どおり出来なくなったために、司法書士との連絡を絶ってしまうケースが多いと思われます。

債権者への返済開始前の場合(任意整理)

司法書士に債務整理をご依頼いただいてから、任意整理による債権者への返済がはじまるまでには通常3,4ヶ月かかります。

債務整理(任意整理)の司法書士報酬については、債務整理のご依頼をいただいた後に分割でお支払いいただくことが多いです。たとえば、次の給料が出たときから3回払いとか、5回払いなどのように定めます。

司法書士へ債務整理の依頼をした時点で、それまでの債権者への支払はストップしますし、そもそも支払えるはずの金額での分割を設定しているのですから、通常であれば支払えないことは無いはずなのです。

しかし、予定どおりに給料が支給されなかったりしたことで、最初に決めたとおりの支払が出来ないこともあるでしょう。そういうときでも、司法書士に事実を話せば必ず相談に乗ってくれるはずです。

それにもかかわらず、何度電話をしても、手紙を送っても、連絡が取れなくなってしまったら、司法書士としては代理人を辞任するしかありません。

そうなれば、債権者からの督促が直接来るようになりますし、一旦、債務整理を開始した時点で一括請求の対象となっていますから、司法書士に債務整理を頼む前より状況は悪化してしまう恐れもあります。

債権者への返済中の場合

任意整理による分割弁済は3年から最大5年程度の長期間に渡ることが多いです。この間には事情により当初の予定どおりの返済ができなくなることもあるでしょう。

その場合、支払いが出来なくなる前に司法書士にご連絡をくださるのが一番良い方法です。お金がなくて支払えないというのに、怒ったり無理矢理支払えと言うようなことはありません。

支払い不能な期間が長期に渡るようであれば、任意整理をあきらめて自己破産や民事再生の申立をすることもありますし、ベストな解決策を司法書士と一緒に考えるべきです。

しかしながら、支払いが遅れていることを債権者からの連絡で知ることもあります。その場合、司法書士からご依頼者に連絡を差し上げるのですが、どうしても連絡が取れなくなってしまうことがあります。

その場合は、やむを得ず代理人を辞任することとなってしまいます。そうなれば、債権者から一括返済の請求が直接来ることとなりますし、その後の債権者との対応をご自身で行わなければなりません。

司法書士との連絡を絶っても良いことは決してありません。一旦、債務整理の手続を司法書士に依頼したら、全ての債務が無くなるまで司法書士は責任をもって相談に乗ってくれるはずです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月26日 |

カテゴリー:任意整理

このページの先頭へ