債務整理・任意整理の費用について

債務整理(任意整理)の費用は、依頼する司法書士や弁護士事務所によって異なりますが、多くの事務所ではホームページ等で費用の詳細を公開していますから、債務整理の相談をする前に比較することが可能です。

司法書士・弁護士事務所によっては、基本報酬や着手金といった定額の報酬の他に、成功報酬や減額報酬などがかかる場合もあるので要注意です。

司法書士・弁護士の任意整理基本報酬(着手金)の相場

任意整理基本報酬(着手金)の相場は31,500円から42,000円程度だと思われます。債務整理業務は、司法書士・弁護士が自分で行わなければならない部分が多いため、業務の合理化には限界があります。

したがって、これより安い司法書士・弁護士報酬にするのは、事務員を雇わず自分一人で全ての作業をしているようなケースでなければ難しいかもしれません。

もしくは、債務整理以外の売上げで十分に事務所経費がまかなえているので、債務整理業務はボランティア的に行っているという事務所も中にはあるのかもしれませんが。

減額報酬・成功報酬について

司法書士・弁護士事務所によっては、上記の基本報酬(着手金)の他に、減額報酬・成功報酬などがかかることがあります。

たとえば、『成功報酬が減額分の10%』となっているような場合です。これだと100万円の借入れ元本が任意整理により50万円に減額されたとすれば、5万円が成功報酬となります。

したがって、基本報酬(着手金)が3万円だとすれば、1社の任意整理だけで、合計8万円の司法書士・弁護士報酬がかかることになります。

なお、このような高額な報酬を支払ったからと言って、成功報酬を取らない事務所より、良い結果が得られることは原則としてありません。

100万円が50万円に減額されるのは、司法書士(弁護士)が交渉したからではなく、利息制限法に定められた正しい利息で再計算したからです。

かつては、この利息制限法による再計算を認めない債権者(とくに中小の消費者金融)も多くありました。

そこで、司法書士(弁護士)が、債権者と交渉することで減額を認めさせる必要も生じましたから、その対価としての減額報酬にも理由がありました。

しかし、現在では、最高裁の判例により、利息制限法の制限利率を超える貸付は一切認められていませんから、再計算により100万円が50万円になったとすれば、それに従わない債権者はありません。

よって、現在では、減額報酬を請求することの意味は失われていると考えます。

繰り返しますが、成功報酬(減額報酬)がかかる事務所の方が、大幅な減額を得られるわけでは無いと考えるべきです。

司法書士・弁護士報酬はどう決めるのか?

ときどき受ける質問に、「司法書士費用が他より安いようだけれども、何が違うのか?」というのがあります。

上記の減額報酬の話とも関連しますが、司法書士費用が安い事務所より、高いところに頼んだ方が、良い結果が得られるかもしれないとの疑問が生じるのも当然なことです。

結論からいえば、料金の高い安いと、仕事の良し悪しには、基本的に関係はありません。

債務整理の司法書士・弁護士報酬は、各事務所が独自に決定するものです。第三者が評価して決めるならば、料金と能力に相関関係があるはずですが、自分で決めるわけですから関連性はありません。

通常は、事務所家賃や人件費、その他の事務所経営にかかるコストにより、適切だと思われる報酬額を定めることになるでしょう。よって、都心の一等地に広いオフィスを構えているような司法書士・弁護士事務所は、どうしても割高になる可能性はあります。

また、現在では、依頼する前にホームページ等により、多くの司法書士・弁護士事務所の報酬を比較することが可能ですから、価格設定をする側としても他の事務所の動向は無視できません。

そうして適正な報酬の相場が形成されると考えられますので、その報酬相場から大きく外れている事務所には何か特別な事情があるのかもしれません。

結局、任意整理の司法書士・弁護士報酬は、基本報酬が税込み31500円から42000円程度で、それ以外の減額報酬・成功報酬等はかからないのが適正な相場だと考えます。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年10月26日 |

カテゴリー:任意整理

このページの先頭へ