家の相続を行う為の名義変更手続き

家族が亡くなってしまったとき、喪失感から何も手が付かない状態になるのはやむを得ないことです。しかし、ご家族の相続人としては、様々な手続きが必要になります。特に、法律に関わるような遺産相続の手続きは、トラブルなく済ませておきたいものです。例えば、遺産の相続で、さまざまな準備が必要になる手続きの一つとして、家の相続があります。この相続の手続きは、故人が所有していた不動産を相続するわけなので、名義変更が必要になるのです。

遺産を相続することには、定められた期限があるのかといったことはないのですが、なるべくなら早い段階で手続きを行っておくのが良いでしょう。実際に名義変更を行う際には、法律に基づきながら手続きを進めていくことになります。相続による不動産の名義変更手続きは一生のうちに何度も経験するものではありません。したがって、初めて名義変更をする方がほとんどだと思いますから、スムーズにできるかどうか不安に感じていると思います。

もちろん、個人で名義変更の手続きを行うことはできますが、法律のプロの方に相談をしたり、手続きを代行していただくとスムーズな手続きが可能になるのです。例えば、どのような方に依頼をすると良いのかといいますと、司法書士に相談、代行を依頼するのが最も良いようです。

法律に関わる書類の作成を行うプロが、司法書士なのでとても安心して任せることができるのです。相続に関わる疑問も同時に質問していくことも可能で、色々な不安を解消しながら名義変更ができます。

相続をする時、一体どのくらいの費用が掛かるのかという問題は、誰もが不安に感じてしまう部分ですので、相続税に関する不安も相談すると良いでしょう。ただし税金に関する専門家は税理士ですので、具体的な相談については税理士にするしかありません。

司法書士に依頼すれば、相続登記、名義変更に掛かるすべての書類を取り寄せてもらうことができますので、事前に個人的に取り寄せる苦労がなくなります。これならば、どのような書類が必要になるのかわからなくて、手続きができないままでいる方にも、安心できるのではないでしょうか。

相続による名義変更登記では、遺産分割協議書の作成がとても重要です。遺産分割協議書に誤りがあった場合、せっかく相続人の全員が署名押印をした後であっても、改めて作成し直せばならないといったことにもなりかねません。

そこで、司法書士に相続による名義変更登記を依頼する場合には、遺産分割協議書の作成も併せて行ってもらうことができますので、後になってトラブルが発生するのを防ぐことができるのです。

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

タグ

2012年12月6日 |

カテゴリー:相続登記

このページの先頭へ